カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

2006/12/29

カッティングシート(切り文字・切文字)貼り方⑤

④からの続きです・・・


●リタックシートを剥がし終えたら次は、スプレーで吹きかけた水滴を
タオルで拭き取っていきます。
この時、強くこすりすぎるとシートがタオルに引っ掛かって
剥がれてしまう場合がございますので、水滴の拭き取りは
上からやさしく叩く様に行ってください・・・

Sheet15


●以上で切り文字の貼り込みは終了となります。
慎重に作業を進めれば、比較的容易にカッティングシートを
貼りこむ事ができます。
皆さんも是非、チャレンジしてみてください!!
Sheet16

ちなみに切り文字の貼り方で使用した
(有)REALは弊社の社名です。

カッティングシート(切り文字・切文字)貼り方④

③からの続きです。

●先ほどのカッティングシートの裏側(糊面)にスプレーで水を
吹きかけます。
次にアクリル板の四方の際と、カッティングシートの黒い枠の内側とを
正確に合わせます。
合わす事ができたらそっと乗せる感じでシートから手を離します。
これにより、正確な位置に切り文字が貼りこめます。

Sheet12
多少ずれて置いてしまって場合は、再度チャレンジしてみてください。
(アクリル板とカッティングシート裏面には水が付いているため
すぐにはくっつく事はございません。)


●次にスキージーを使用して切り文字をアクリル板に貼り込んでいきます。
スキージーに少し力を掛けて、確実に貼り込んでいきます。

Sheet13


●貼り込みが完了したら次は、透明のリタックシートを剥がしていきます。
この作業も慎重に行ってください・・・
カッティングシートが確実にアクリル板に付いていない場合、
リタックシートに切り文字が付いたまま
剥がれてしまう場合がございます。

Sheet14


カッティングシート(切り文字・切文字)貼り方③

②からの続きです・・・・

●いよいよアクリル板に切り文字を貼る作業に移ります。
貼り込みに使用するものは、
★スプレー(水が入ったもの)
★スキージー
★柔らかい布又はタオル
を使用します。

Sheet7


●まずはアクリル板を湿った布で軽く拭きます。
(強く拭くと表面に傷がつく場合がございますでご注意下さい)
ここで完全にゴミくずを綺麗に拭き取ります。
アクリル板表面をきれいに拭いた後、そこに水を吹きかけます。

Sheet10


●水を吹きかけたアクリル板にゴミが再び付かないように注意しながら次は
カッティングシートの方へ作業を移します。
先ほどの切り抜いたカッティングシートの裏紙を画像のように丁寧に剥がしていきます。
画像では、切り文字が見える面は裏へ、白いシートが見える面を表へ返して
作業をしております。
Sheet11


●下の写真が、カッティングシートの裏紙を剥がした状態です。
裏は糊が付いている面、表面が透明のリタックシートが貼られている面
になっております。
Sheet115

カッティングシート(切り文字・切文字)貼り方②

①からの続きです・・・・

●この画像がカッティングマシーンを使用して切り抜いた
(文字のカット線が入っている)シートになります。
カッティングシートは黒を使用しております。

Sheet1

●次にこのシートの要らない部分、つまり文字以外の部分を剥がし取ります。

Sheet2

●文字だけが残ったカッティングシートに、今度はアクリル板(貼りこむ対象物)
に貼りこむ事を容易にするため、
リタックシート(透明のフィルム)を表面に張り込みます・・・

Sheet3
Sheet4

★リタックシートやカッティング」シートを貼りこむ為に使用しているものは、
スキージーと言う道具です。


●次にアクリル板に貼りやすくする為に要らない部分をさらにカットします・・・
Sheet5
Sheet6


●ここまでが、実際に対象物に貼りこむ前までの作業となります。
切り文字などのカッティングシートをご依頼されたお客様には
この状態で、弊社から出荷させていただいております。

又、アクリル板と切り文字とをセットでのご依頼の場合には弊社にて、
貼り込みまでさせていただいております。

カッティングシート(切り文字・切文字)貼り方①

ここではカッティングシート(切り文字・切文字)の制作方法及び
貼り方をご説明いたします・・・

●まずはイラストレイター(Adobe社)と言うソフトを使用して
切り文字に使う書体や、文字の大きさ、などを作成します。

Adobe1

●次に出来上がったイラストレイターファイル(拡張子は.ai)を実際に
切り抜く為に、バーサワークスと言うソフト(ローランド社)に読み込ませます。

Roland1

●ここまでがパソコンソフトを使用しての作業になります。
この先はカッティングマシーンを使用して実際にカッティングシートを
切り抜いていきます。
カッティングシートを切り抜いている場面は省略させていただきます・・・


その他のカテゴリー

REAL store(レアルストア)の紹介 | REAL(レアル)からのお知らせ | REAL(レアル)の紹介 | インクジェットシート・種類・光沢塩ビ(裏面グレー色糊付き) | インクジェットシート・種類・合成紙(裏面糊無し) | インクジェットシート・種類・電飾用乳白色インクジェットシート | インクジェット出力・シート・アクリル板貼り込みセット | インクジェット出力・シート・アルミ複合板貼り込みセット | インクジェット出力・シート・スチレンボード貼り込みセット | インクジェット出力・シート・マグネットシート貼り込みセット | インクジェット出力・シート・電飾用 乳白塩ビ貼り込みセット | ラミネートフィルム・種類・グロス(光沢)・マット(艶消し) | アクリル板・裁断後の切口(小口)仕上げについて | アクリル板・ガラス色 | アクリル板・スカイブルー (透明ブルー) | アクリル板・乳半(ニュウハン) | アクリル板・白(骨白・コッパク) | アクリル板・透明艶消し(クリアマット) | アクリル板・透明(クリア) | アクリル板・黒(ブラック) | アクリル板・カタログケース | アクリル板・カタログトレイ | アクリル板・ケース・抽選箱 | アクリル板・ショーケース(アクリルフィギュアケース)規格品 | シート・3M・スコッチカルフィルム・Jシリーズ | シート・3M・スコッチカルフィルム・反射シート | シート・3M・スコッチカルフィルム・蛍光色 | シート・トーヨーケム・ダイナカル | シート・トーヨーケム・フロッキーダイナカル | シート・ニチエ・リベルタカラーリングシート | シート・リンテックサインシステム・エコパレットハルカラー | シート・リンテックサインシステム・タックペイント 「メタルシリーズ」 | シート・リンテックサインシステム・タペシート(スリガラス調 装飾シート) | シート・リンテックサインシステム・ハルカラー「金・銀シリーズ」 | シート・中川ケミカル・カッティングシート「CS200」 | シート・中川ケミカル・カッティングシート「SPECIAL ITEM ヘアライン」 | シート・中川ケミカル・カッティングシート「SPECIAL ITEM 蛍光色」 | シート・中川ケミカル・カッティングシート「SPECIAL ITEM 金・銀」 | シート・中川ケミカル・フォグラス(スリガラス調 装飾シート) | シート・桜井・ウインベール(スリガラス調 装飾シート) | シート・桜井・ビューカル 880シリーズ | シート・桜井・ビューカル 900シリーズ | シート・桜井・ビューカル・スターメタル | シート・桜井・ビューカル・スターメタル ラメタイプシリーズ | シート・桜井・ビューカル・ルミラスター | シート・マグネットシート | オリジナルステッカー・国旗ステッカー・国旗シール | シート・施工・貼り方(ベタ・水貼り) | シート・施工・貼り方(切り文字・切文字・水貼り)

フォト

REAL(レアル)のホームページ

カウンター


無料ブログはココログ

ランキングサイト

amazon